Office365を諦め、Office 2019を購入したメリットについて

 Officeの導入を検討する際、「Office 365とOffice 2019のどちらにすべきか?」というのは、多くの企業担当者の間でまず悩むことです。

 どちらのOffice製品もMicrosoft® Word®やMicrosoft® Excel®など、基本的なOfficeサービスが利用できることに変わりありません。それでは、一体何が違うのでしょうか。
今回は、Office 365とOffice 2019を比較し、両者の違いやそれぞれのメリットを解説します。

 

 Office 365とOffice 2019は何が違うの?

大きく違うのは、契約形態です。

 Office 365はサブスクリプション型ライセンスとなっており、契約期間中だけ利用することができます。お支払いは月単位または年単位です。マイクロソフトが提供するOfficeアプリケーションを含んだクラウドサービスの「総称」です。提供されているのがソフトの使用権利サービスです。

 一方、Office2019は買い切り型ライセンスで、以前からあるタイプの購入方法で1度だけ料金を支払えば、ずっと使い続けられるものです。永続版のOfficeとも呼びます。提供されているのがOffice(Word,Excel,Powerpoint……)ソフトそのものです。購入者の財産になります。十数年前購入していたOffice2003を今でも使っている方がいるそうです(Office2003はWindows10で動きますので)。

 

Office365のデメリット

月額版のOffice365の料金支払いは面倒くさい、クレジットカードが必要だし、ログイン用アカウント(メールアドレス・パスワード)を準備しなければなりません。企業には向かない。

サブスクリプションのOffice365も検討しましたが、途中でVersionが勝手に上がってしまって、ツールが動かなくなってしまうことも考えられますので、諦めました。

2019年01月30日、Office365で世界的に障害発生「ログインができない」  、Officeが使えなくなりました。

最近Office365で色々と試しているのですが、Officeアカウントでサインインしたとき、 なかなかサインアウトさせてくれない問題がおきました。

 

Office 2019のメリット

次に、Office 2019のメリットについてみていきましょう。

メリット1:追加費用が発生しない

永続ライセンスなので、一度購入してしまえば追加費用は発生しません。「延長サポートが切れるまで使いたい」という方に、おすすめです。

メリット2:完全にオフラインで使える

Office 2019は完全なオフライン環境下でも、問題なく使用できます。
Office 365はクラウドサービスなので、常時完全にオフラインとなる環境下では使用できません※が、Office 2019はインターネットに絶対に接続できない環境でも使えるので、そういった状況の中では利便性を感じます。

※Office 365は、30日に1回の頻度でOfficeアプリケーションを起動時、ライセンス認証の通信が発生します。一時的なオフライン環境での利用は可能ですが30日に1回は必ずインターネットへの接続が必要です。

 

Office 365とOffice 2019の価格を比較してみよう!

費用面では、どちらがお得なのでしょうか?Office 365とOffice 2019の価格を比較してみましょう。

5年間使う場合

まずは、5年間で買い替えた場合の費用の比較です!

  • Office 365 Business(中小企業向け)
    1ユーザーあたり54,000円(月額900円)
  • Office 365 ProPlus(300名以上の大企業向け)
    1ユーザーあたり78,600円(月額1,310円)
  • Office Home & Business 2019
    1ユーザーあたり34,800円

5年間利用する場合は、パッケージ版のOffice 365 BusinessよりもOffice Home & Business 2019の方が費用負担は少なくなります。

p1-1 

10年間使う場合

前提条件として、Office 2019のメインストリームサポート期限は約5年間、延長サポート期限が約5年とされています。
Office 2019の合計サポート期間である最長10年間、買いかえずに利用し続けた場合と比較してみます。

  • Office 365 Business(中小企業向け)
    ユーザーあたり108,000円(月額900円)
  • Office 365 ProPlus(300名以上の大企業向け)
    1ユーザーあたり157,200円(月額1,310円)
  • Office Home & Business 2019
    1ユーザーあたり37,584円

10年間同じパッケージ版を使い続ける場合、トータルコストではOffice 2019の方が安くなることがわかります。

 

Microsoft office 2019 Professional + 日本語版

Microsoft office 2019 Professional + 日本語版

◆Windows10のみ対応しています。◆マイクロソフトアカウントを作らずにライセンス認証できます。 ◆オンライン認証後、マイクロソフトアカウントでユーザー登録できます。◆パソコン2台分認証..

¥12,800円 

Microsoft office 2019 Standard 日本語版

Microsoft office 2019 Standard 日本語版

◆Windows10のみ対応しています。◆パソコン2台分認証できます。◆パソコン2台同時利用可能です。◆買い切り型のライセンスです。Office365サブスクリプション向けのOffice2019ではあ..

¥10,800円 

Microsoft office 2016 Professional + 日本語版

Microsoft office 2016 Professional + 日本語版

◆マイクロソフトアカウントを作らずにライセンス認証できます。 ◆オンライン認証後、マイクロソフトアカウントでユーザー登録できます。◆パソコン2台分認証できます。◆パソコン2台同時利用可能です..

¥10,800円

Microsoft Office 2016 standard 日本語版

Microsoft Office 2016 standard 日本語版

◆マイクロソフトアカウントを作らずにライセンス認証できます。 ◆オンライン認証後、マイクロソフトアカウントでユーザー登録できます。◆パソコン2台分認証できます。◆パソコン2台同時利用可能です..

¥9,800円  

  


  Office2019 中古ソフトフリーソフト

Related Products

Microsoft office 2016 Professional + 日本語版

Microsoft office 2016 Professional + 日本語版

◆マイクロソフトアカウントを作らずにライセンス認証できます。 ◆オンライン認証後、マイクロソフトアカウントでユーザー登録できます。◆パソコン2台分認証できます。◆パソコン2台同時利用可能です..

¥10,500円 ¥69,800円

Microsoft office 2019 Professional + 日本語版

Microsoft office 2019 Professional + 日本語版

◆Windows10のみ対応しています。◆マイクロソフトアカウントを作らずにライセンス認証できます。 ◆オンライン認証後、マイクロソフトアカウントでユーザー登録できます。◆パソコン2台分認証..

¥12,500円 ¥69,800円

Microsoft office 2019 Professional + 日本語版 PC5台分

Microsoft office 2019 Professional + 日本語版 PC5台分

◆Windows10のみ対応しています。◆マイクロソフトアカウントを作らずにライセンス認証できます。 ◆オンライン認証後、マイクロソフトアカウントでユーザー登録できます。◆パソコン5台分認証..

¥22,500円 ¥69,800円

Microsoft office 2019 Standard 日本語版

Microsoft office 2019 Standard 日本語版

◆Windows10のみ対応しています。◆マイクロソフトアカウントを作らずにライセンス認証できます。 マイクロソフト社のアカウントと紐づけする必要がございません。法人様に最適なライセンス形態です。◆オ..

¥10,500円 ¥47,800円